1. HOME
  2. 病院案内
  3. 院長挨拶

HOSPITAL

病院案内

院長挨拶

MESSAGE

国分中央病院の特色とその取り組み

院長 福永秀敏

物事がうまく運ぶかどうかは、時代と地域の要請に合致しているかどうかにかかっております。ご存じのように日本は超高齢社会の真っただ中にありますが、当院は昭和52年の開設以来、「地域に根差した慢性期医療はどうあるべきか」、そして「霧島市民に必要とされる病院創り」を目指して、さまざまな取り組みを行ってきました。
最近の目指す医療は地域完結型医療であり、地域の医療機関や介護施設が連携してそれぞれの特色を生かしながら、その地域で暮らしている人たちが安心して医療を受けられるシステムの構築にあります。そのために当院は、基本方針として次のようなことを掲げております。

■経営理念
職員・家族が幸せになれる慢性期病院づくり

■基本方針
・患者さんの権利を守れるよう、組織全体で与えられた義務を果たします
・危機管理、コンプライアンスを常に念頭に置き、日々作業にあたります
・言い訳をせず、素早く決断・行動し、結果を振り返り、改善を図ります

当院は、高度急性期病院やクリニックから紹介の入院患者さんで占められております。
急性期医療が終了した患者さんの治療の継続や慢性疾患の急性増悪への対応、高齢者救急の受け入れ、リハビリテーション等が主な役割です。今後は高度慢性期病院として高齢者の終末期医療や重度の認知症、癌患者の緩和ケア等にも積極的に取り組んでいく必要があると考えております。
具体的には土日、祝日、年末年始も含めて、365日体制でリハビリテーションを提供しています。経験豊かな専従スタッフによるリハビリは、寝たきりの予防とQOLの向上にもつながります。そしてケアの必要期間が長期化した場合は、当院の療養病棟、デイケアなどのサポートも可能としています。
また救急医療体制を充実させ、24時間365日救急患者に対応致します。患者さんの病状に応じて適切な医療機関への搬送も、自院の救急車も配備しておりますので医師または看護師が同乗して迅速に行っています。
一方、美﨑会グループは「医療や介護が必要になっても安心して最後まで生活できる場所を提供できれば」との思いで、サービス付き高齢者向け住宅「メディカーサ国分中央」と特別養護老人ホーム「ソ・ウェルこくぶちゅうおう」を開設しました。
地域にお住いの方々が、「いい病院が近くにあって良かった」「この病院で療養できて良かった」、そして「この病院で最期を送ることができて幸せだった」と思って頂けるような病院作りに尽力したいと職員一同、気持ちを一つにしております。