コロナワクチン接種 予約随時受付中 
TEL:0995-45-3086
医療法人 美﨑会 国分中央病院

kokushi

安心安全な入院環境を
 ─ 国師真紀(看護・介護部部長代行)

 看護のやりがいや現在の取り組みについて、看護・介護部の国師真紀部長代行にお話を聞きました。

── 現在の職種内容を教えてください。

看護介護部の部長代行として、河本看護部長をはじめ看護介護全体の仕事の管理をしています。また、2病棟の責任者として、病棟の患者さんの状態把握、スタッフの管理を行っています。また、多職種で元気になられた患者さんの退院にむけて、どういったサービスがつかえ、自宅、施設など、どうしたらよりよく退院ができるかなど退院調整を行っています。

── 現在の職種を選んだ理由を教えてください。

人に寄り添う仕事がしたいというので、看護師を選びました。看護師になりたてのころ祖父が癌を患い、最期は自宅で看取りたいという家族の希望で、自宅に退院しそばに付き添うことができました。自宅で家族に見守られる最期を看ながら看護師になってよかったと感じました。

── 当院を選んだ理由を教えてください。

療養病院という、長く入院生活を送られる方に寄り添うことができる、また急性期と違い時間をかけながらも回復し、退院される方のお手伝いができることが、魅力だと感じました。

── 現職のやりがいを教えてください。

人工呼吸器を装着している方、透析をしている方、など高度な医療を必要とされている方も多数入院されています。そのような方々に安心して入院生活を送っていただくこと、また、元気になられ、退院されていく方をみると、やりがいを感じます。
また、入院が長期にわたるということから、ご家族との関係も密なものになってきます。ご家族とのやり取りも、少しでもより良い入院環境につながりまた、退院支援にもつながると考えています。

── 現在の取り組みについて教えてください。

当院は、入院されている方がご高齢であることから、転倒、骨折のリスクを抱えている方が多いです。そのような方の骨折等のアクシデントにつながらないようなケアを行うため、どうしたらいいか、医療安全で早期対応に努めています。院長先生をはじめ多職種での勉強会を行い、患者さんのケア時の注意などその分野の専門職から教わることで、実際の現場で役立つように取り組んでいます。

── 今後の目標についてお聞かせください。

当院は、特定看護師が多数活躍する病院です。私も、その方々に続くことができるよう、現在、その勉強中です。これだけじっくりと勉強に取り組む時間は久しぶりで大変ではありますが、少しでも自分の知識が増え、患者さん、スタッフに還元できたらと思っています