医療法人 美﨑会 国分中央病院

matsuzaki

笑顔を絶やさず日々向上
 ─ 松崎栞里(医事課)

医療事務職のやりがいや現在の取り組みについて、医事課の松崎栞里さんにお話を聞きました。

── 現在どのような職種に就かれていますか。

患者さんの外来受付や受けた診療を元に必要な費用を計算し、明細書を作成する会計業務、医療費の内容を明確に記した診療報酬明細書の提出をするレセプト業務などを行う医療事務職についています。

── 現在の職種を選んだ理由を教えてください。

新型コロナウイルスの影響で前職を失い、これを期にもう一度人生に役立つ勉強がしたいと思いました。そこで、すぐに就職活動をせず職業訓練で学習しようと思い、職業訓練にて簿記やPCなどの資格を取得しました。そして、資格を生かした仕事を探していく中、日々のニュースで医療従事者が不足している状況を知りました。看護師や医師になるのは難しいけれど医療分野で役に立ちたいと思い、医療事務なら患者さんの為に自分にでも何か出来ることがあるのではないかと考えこの職種につきました。

── 当院を選んだ理由を教えてください。

当院は地域に密着した病院であり、医療だけでなく高齢者住宅を設立するなど高齢化問題にしっかりとした考えで取り組んでいる病院だと感じました。また職場環境改善への取り組みも早く、職員が働きやすい環境だと感じ、地域医療への発展に貢献出来る職場だと思ったからです。

── 現職のやりがいは何ですか。

入社したての頃は何が分からないのかも分からない状態でしたが、先輩や上司の方々の懇親丁寧な教えにより日々仕事を覚え、医療事務職に勤めていなければ学べない事がドンドン自分の知識として身についている事にやりがいを感じています。また、御病気で不安な方々に寄り添って接する事が出来る今の環境こそが、私がやりたかった仕事だと感じています。

── 現在の取り組みについて教えてください。

現在私は医療事務の仕事を主に、患者様の大事なお金を預かる会計、レセプト業務、入院される際のご案内、さらに理事長のお声掛けもあり、医療区分のスキルアップの勉強もしています。イレギュラーな事にも対応出来る様に常に周りに目を見張り瞬時に的確な判断と気を配れる様、勤めています。

── 今後の目標についてお聞かせください。

医療事務の仕事は日々勉強の繰り返しです。診療報酬は2年ごとに改変される為、即座に対応出来る様にする事と日々のスキルアップの為に努力を惜しまない事。患者様のお名前を間違わないように何度もカルテで確認し、医療費等の間違いがないように計算の確認。患者様を必要以上にお待たせしない様にスムーズな診療や会計のご案内が出来るような待ち時間短縮の改善に勤めていきたいと思っています。
病院に来るという不安を少しでも取り除ける様に患者様への配慮を忘れず、笑顔を絶やさず、病院の評価に繋げられる様に日々向上し勤めていきたいです。