お知らせ 3月14日より面会を再開しております。
医療法人 美﨑会 国分中央病院

kawabata

患者様やご家族の笑顔のために
 ─ 川畑政代(看護介護部 2病棟 課長)

看護士のやりがいや現在の取り組みについて、川畑さんにお話を聞きました。

── 現在どのような職種に就かれていますか。

看護師として、地域包括ケア病棟で頑張っています。

── 現在の職種を選んだ理由を教えてください。

姉が看護師として働きながら看護学校に通っている姿を見て、またこれからは手に職をつけた方がいいという母の勧めもあり看護師という職業を選びました。

── 当院を選んだ理由を教えてください。

国分に引っ越しをして来てそれまで専業主婦として12年間過ごした後パートとして働ける所を探していた時、自宅から近く、パートタイムで子育てをしながらブランクがあっても大丈夫だよと言う知人の紹介で入職しました。それから8年間子育てをしながら勤務しました。子育てが落ち着いた頃  働きやすい環境で職場の人間関係も良かったのでそのまま正社員として採用して頂き現在に至ります。

── 現在の取り組みについて教えてください。

患者様との関わりの中で、自分が行った看護ケアが患者様に受け入れられ、患者様から“ありがとう”と言われたり、しゃべれない患者様が笑顔を見せてくれた時、また病状が急変しお亡くなりになった患者様の看護ケアについて、もっと何かできたのではないかと悩んでいる時、家族より日頃の看護ケアについてお礼を言われることがありまた頑張ろうと思います。

── 現職のやりがいは何ですか。

地域包括ケア病棟として、在宅へ又は施設へ退院できるよう多職種との連携をスムーズに図れるようにすることです。
毎日が時間に追われて過ぎていく中で、業務改善を行い働きやすい環境を整えることです。

── 今後の目標についてお聞かせください。

コロナウイルスの蔓延により県外の家族との面会ができない中で、家族の思いと患者の思いを少しでもかなえられるようにしていきたいと思います。また病棟課長として、患者様の把握(入院日数が限られている中でできる正確に)を行い多職種と連携を取りながら在宅・施設へ期限内に退院できるにしていくことです。それと、スタッフの働きやすい環境を作れるよう、病棟の変化にあった細やかな業務改善を行っていきたいと思っています。
個人としては、特定行為看護師の認定を受け4年になり勉強不足があり特定行為を十分に行えていないため初心に帰り自己研鑽に努めていきたいです。