お知らせ 3月14日より面会を再開しております。
医療法人 美﨑会 国分中央病院

mikami

一人一人の利用者さんとの関係を大切に
 ─ 三上雅史(在宅支援部 課長代理 理学療法士)

理学療法士のやりがいや現在の取り組みについて、三上さんにお話を聞きました。

── 現在どのような職種に就かれていますか。

理学療法士(PT)といって、主に運動機能と日常生活動作へのリハビリテーションを中心に行う職種に就いています。また、今回、在宅支援部が立ち上がり、訪問リハ、訪問介護、通所リハ、施設及び退院時の在宅サポートなど多くの部門と関わらせて頂き、その中で訪問リハビリテーション実務と管理業務を主に担っております。

── 現在の職種を選んだ理由を教えてください。

高校時代の部活動でサッカーをしていた際に、怪我から復帰するためのリハビリテーションと出会いました。担当セラピストの方は親切丁寧の中にも厳しさがあり、お蔭で無事に競技に復帰することが出来た経験をしました。私も人のお手伝いが出来る仕事に就きたいと思うようになり、理学療法士を目指すようになりました。

── 当院を選んだ理由を教えてください。

地域の慢性期医療を担う病院として、長年地域貢献しているのを目にしてきました。私が社会人としてスタートした国分地区に、これまでの経験を活かして、そして一緒に成長させて頂けるのではないかと考えて選びました。

── 現職のやりがいは何ですか。

理学療法士として、入院中の患者さんだけでなく自宅におられる利用者さんから、家でもリハビリが出来る事、発症して時間が経っていても取り組み方次第では生活がし易くなる事を経験して頂いて、喜んで頂けるととてもやりがいを感じます。

── 現在の取り組みについて教えてください。

これまでの病院内及び在宅リハの経験を活かし、在宅支援部として退院後に利用者さんがお家で困らないように早期からサービス提供できる体制をとることが出来ております。また、入院中からも、退院後にも今まで受けることが出来ていたリハビリテーションを受けることが出来るという提案をさせて頂くことで、早期退院へのサポート及び不安を和らげることに繋げられるのではないかと考えております。そして、地域の介護支援専門員(ケアマネージャー)と定期的に利用者さんの情報共有をさせて頂くことで、状態悪化の予防や異常の早期発見に努められるように、地域医療へのお手伝いをさせて頂いております。

── 今後の目標についてお聞かせください。

一人一人の利用者さんとの関係を大切にし、在宅生活ならではのサービスを提供させていただき、地域の皆様やケアマネージャーさんから『訪問リハビリテーションは国分中央病院に相談したら大丈夫だよ』と言っていただけるように励んで参りたいと思います。